正しい予防で認知症に負けない|脳に直接アプローチ作戦決行

中年女性

生活の中で頭を使おう

二人の男性

もの忘れから気づくこと

誰もがちょっとしたもの忘れの経験があると思います。家の鍵を閉め忘れてないか、何かを取りに来たのに何だったかを思い出せないなど、その表れ方は様々です。「もしかして認知症では・・・」と心配される方もおられるかもしれませんが、「鍵」や「取りに来た」など、その目的は覚えています。認知症の場合、その目的自体を忘れてしまいます。認知症の方々は自分が何をすべきだったかや何のためにここにいるのかを忘れてしまうため、自分自身がよくわからなくなり、とても不安を感じられています。認知症にはアルツハイマー型や脳血管型など数種類あり、その型によって治療法は異なります。認知症を予防するためには、筋肉同様、脳を使い鍛えていく必要があります。

頭をほどよく使うとは

認知症の予防は、脳をほどよく使うことです。更には楽しみながら使用すると、大変有効です。日々の生活の中のなんでもないことを新しい目で再度観察してみると、いろいろなことに気づくことがあります。普段使っている食器や壁にかかっている絵など、意識的に見て新しい発見を楽しむことで、脳は活性化されます。また読書も黙読ではなく、たまには声に出して読むと目の機能と口の機能を同時に使うので、認知症の予防になります。また、散歩の中でも季節の花々や人間観察をしてみることも、脳へと刺激が入り、活性化されます。これらは普段の生活の中でもできることばかりです。楽しみの1つとして取り組み、楽しみながら認知症予防や健康維持ができれば、人生がもっと楽しくなることと思います。

血液と血管の状態改善

サプリメント

現代日本の成人の4割が該当するとされる高血圧には予防や治療を行いたいと考える人が多く、そのためのサプリも多数あります。特に人気が高いのがDHAとEPAのサプリであり、食べ物からの摂取が簡単ではない成分を摂取して血液と血管の状態を改善することができます。

View Detail

抗酸化作用の高い成分

手にあるサプリ

ゴマに含まれているセサミンは抗酸化作用が高く、体を酸化させてしまう活性酸素の働きをしっかりと抑えてくれるなど、幅広い作用を持っています。ゴマから摂取するのは現実的ではありませんから、サプリメントを活用しましょう。

View Detail

小さな果実に大きな成分

婦人

目の健康を考えるうえでブルーベリーのサプリメントは欠かせません。資料的かの防止などにひときわ注目を置かれていますが、それ以外の効果も大きいのが特徴です。血管の強化やコレステロールの除去、肌の健康を保つ美容効果や、腸内環境を整える成分も含まれています。

View Detail